まるで下足箱にホットケーキが入っているかのような

冷蔵庫を開けたら、サランラップが入っていました。

ものを「なぜここに置いたの?」というところに置きっぱなしにすることがよくあります、ということを先日のブログでお話しました。が、さすがに冷蔵庫にサランラップがあると自分でもびっくりします。それはまるで下駄箱にホットケーキが入っているかのような。あるいは車の中に醤油差しがあるかのような違和感です。

かえってわかりにくいですね。

食卓の上にあったのを片付けなくては、と思ったのは覚えているのですが、なぜ冷蔵庫に入れたのでしょう。今となってはどうでもいいですが、問題なのは、こういう事が起きるようになったのは40代後半以降だということです。それまでの僕自身のセルフイメージはしっかりもので、天然系の間違いをしない人だったのですが、なぜこうなってしまったのか、そしてこれからどうなるのか、何に気をつけたらいいのか…。

ところで今晩は満月です。ものすごく明るいです。月明かりのことを「蒼い」と言ったりしますが、まさにそういう感じです。

おいおい、適当にかいてるだけでしょ、と思われるのはわかります。でも寒いので絵の具は使えないし(氷点下ですから)、そもそも夜って真っ暗で見えないので(これ重要)、紙も見えません。その中でボールペンでこれだけはスケッチしました(笑)。

もう1枚。

楕円ですけど、満月です(笑)

本当に煌々として、本来白いはずの雪面がまさに蒼いです。そういう色の街灯に照らされているかのよう。

こういう体験をもとにして、こういう絵ができたりします。↓

一昨日描いた絵

でも今日の満月は特別でした。本当に蒼く、冷たくて清らかで、少し暖かでした。これをもとにまた新しい絵を描きたいと思います。

え、最初の「冷蔵庫にサランラップ」は伏線じゃなかったの? と思われている皆さん。はっきり言いましょう。あれは伏線ではないです。ただちょっと思い出しただけです。

ではまた明日(たぶん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください