描きたいもの、描けないもの

昨日は植物を1つ1つ描くのが好きだ、というお話をしました。でも僕が「うわー」と心を惹かれる風景は、植物が単体できれいな場合だけでなくたくさんあってきれいな場合もあります。そういうのをどうやって絵にするかはずっと悩んでいます。

うちのまわりには樹木がたくさんあるのですが、今日も木々に夕日が当たる風景を目にして、「これはどうやったら絵になるんだろう」と考えたりしていました。メモ程度のスケッチがこれ。

頭に飾羽をつけた人たちが踊っている風景、ではありません(笑)。白樺やミズナラなどに夕日があたって赤やオレンジに染まっています。

目を引く光景は日常のあちこちにあります。こういうところから新しい絵ができたりするので、まめにメモスケッチはしたいものです。

というか、こういうメモスケッチが好きなんですけどね(笑)。ではまた明日(たぶん)

2 Replies to “描きたいもの、描けないもの”

    1. みろひさん、ありがとうございます。これをもとにした新しい絵を今描いているところです。おたのしみに!

コメントは受け付けていません。