ハートレー彗星、エゾシカ

ハートレー彗星大接近!ということで、昨晩は11時頃ケフェウス座近辺を探す。
でも、月が明るくて、視野には入っているんだろうけど、恒星と区別がつかん!
彗星がだめなら、エゾシカでもと思い(理由はない)、鳴き声のするほうへ。
そっと近づいたつもりだったが、砂利の上の足音を聞かれたらしく、1つ2つ、鋭い鳴き声の後、数頭がいっせいに走る音。
姿は見えず。
エゾシカがだめなら、ふたたび彗星でも、と思って(理由はない)、天体望遠鏡へ。
やはり見つからず。

翌朝、つまり今朝、毎月第4金曜日に札幌のFMアップルという地域FMに30分出させてもらって植物の話をしているが、そこでもなぜかエゾシカの話をした。パーソナリティの森本さんがエゾシカとキタキツネの鳴き真似がすごくうまかった。

彗星は月明かりのなくなる、11月上旬に再チャレンジ。

ラブリーメイアン
モン・ジャルダン・メゾン

一日、札幌へ

げんちゃん
クロとだいちゃん

今日は一日、札幌にいた。午前中はとてもいい庭におじゃました。知らない植物の写真も撮れた。

トラときんちゃん

その後ヨドバシカメラに行ってデジタルの機材などを見たりし本屋に行ったりして、打ち合わせへ。

案件がすすみそう。
ありがたい。

そういえば、おみやげに持って行こうと思ったジャガイモをわたすのを忘れてしまった。

妻とポトフとあずき

テレビがないので知らなかったが、ハートレー彗星が見頃らしい。そういえば、中学生か高校生の頃、彗星探しもしていたのだった。見なければ。でも曇りだ。
地下水のくみ上げポンプの故障のため、このところシャワーが使えないので銭湯通い。
そこで100円ショップでシャンプーとかを入れるかごを買った。
こういうものを買うと、きっとシャワーが復活する。マーフィーの法則(死語)。

泥がきらい

ゲンちゃんやトラキチとちがって、きんちゃんは水たまりがきらい。泥もきらい。
散歩の道が泥だらけだったので、いっしょうけんめい迂回する。
ときどき「歩きにくいー」という感じで「うえー」と鳴く。

雪虫が飛んでいたのは3,4日ほど前か。明日は最低3℃。

ストーブの季節

また急に冷えた。昨日灯油タンクを直してもらったので、さっそく灯油ストーブを点灯。
そしてネコがつどう。

昨日の夕焼け、趣味の園芸、ガーデン&ガーデン

昨日の夕方はまたすばらしい夕焼けだった。妻をバス停に迎えに行く道すがら、広がる畑の中に立つポプラをシルエットにした夕景は本当にすばらしい。

線画なので、夕暮れのグラデーションが表現できないのが残念

 さて昨日はNHK出版さんとエフジー武蔵さんから、それぞれ趣味の園芸とガーデン&ガーデンの最新号を送ってきてくれた。どちらも自分が書かせてもらった庭の記事が載っている。ありがたい。

昨日は灯油タンクの洗浄、今日は井戸のポンプの修理があった。
本当に大家さんに感謝しきりで、なんとお礼を言ってよいかわからない。

そして自分に新しいプロジェクトを任せてくれる人、提案した案件を一緒になって実現を考えてくれる人、仕事を発注してくれる人、個展をさせてくれる人、日々のくらしを気にかけておつけものやイモを送ってくれる人、コーヒーをくれる人など、何人もの人に手をさしのべてもらっている。
それほどの人間でもないのにいろいろ親切にしてもらって、「本当にいいの?」と目をぱちくりさせているような気持ち。うまく言葉に言えないが、ありがたいかぎり。ほんとうに自分は恵まれているし、もらった期待にはきっと応えようと思う。

シカはいないか

昨日の夕方、シカの足跡と糞がいっぱいあることを知った。
今朝はやく起きたので、探しに行ったが、さすがに明るくなるといないらしい。
仕方がないので、昨日何度もチャレンジして描けなかったバラを描く。
名前はわからない。

きんちゃんの失策

昨日の昼間、階段をどすどす上がってくる音がして「うえーん」という例の鳴き声とともに、鳥をくわえたきんちゃんが帰ってきた。鳥は黄緑色でヒヨドリくらいの大きさ。全く動いていない。

家の中で遊ばれてはこまるので、ベランダから外に誘導。そのまま窓を閉めて、一件落着。

…でもせっかく取ってきたのを見せたかったろうし、そのまま外にほっぽり出しては気の毒かと思って、外に出てきんちゃんの様子を見る。外でほめてやれば、よかろう。
きんちゃんがこっちの姿を見つけて、「うえーん」。そして鳥を地面にぽとり。
その瞬間、鳥がバタバタバタバタ!と飛んでいった。
生きていたのか!
あわてて追いかけるきんちゃん。
逃げられた。
ちょっとかわいそうなので、そのまま散歩に連れて行った。すぐ忘れたようだった。

思い出し描き。小鳥を追いかけるきんちゃん