どんどん春ですよ

近くの国道で、春の風物詩である「アスファルトの補修」が始まりました。なんというか、春が勝手にやってきている感じがします。

いや、もちろん早く来てくれーと、ついこないだまでは思っていました。でも気がついたら先を越されていました。

家の周りはまだ雪だらけだし、そもそも屋根の上にはまだ少しですが雪が残っています。用事があって色彩館に行ったらキモッコウが部分的に咲いていました。

やることいっぱいあるので、3月は40日くらいほしいんだけどなあ。

追記:この人もまだ冬です。

鋭意製作中

5月は立て続けに3ヶ所で展示があります。その前の4月には愛知県の花遊庭さんで展示があるので、たいへんです。

何が大変かと言うと、絵をたくさん用意しないといけないからです。

鋭意製作中!です。

この頃空が本当に春めいています。近くの国道ではすっかり雪がなくなり、冬タイヤがもったいない感じがします。ただ、家の周りはまだもう少し。

それに、タイヤ交換したらどっさり降ったり凍ったりするかも。なんちゃらの法則ですね(笑)。

まだ雪の絵

本州では福寿草が咲いたり、梅が満開だったり、春爛漫といった様子らしいですね。うらやましいです。

もちろんうちのまわりはまだ雪景色です。まだ違和感なくこういう絵を描いています。

うちのまわりの樹木です。

4月以降に展示が続いていて、今はひたすらそのための絵を描いています。果たしてバラの咲く頃にこんな雪の絵を見てうれしいのかどうかはわかりませんが、今じゃないと描く気持ちが盛り上がらないんですよね。

でも同じ雪景色でも、10日ほど前とはずいぶん違ってきました。日も伸びたし、日差しも高くなりました。そろそろ春めいた絵も描きます。

久しぶりに色彩館へ

冬のスケッチといえば地元いわみざわバラ園の色彩館。と言っても今年は1ヶ月以上お邪魔できませんでした。何しろ曇りや雪の日は館内も寒いんです。日差しが出ればガラス張りですからかなりポカポカになります。そこで今日は久しぶりに行ってみました。

クレマチス アーマンディ

北海道では見られないクレマチスの1つですね。甘い香りがします。

他にも、クリスマスローズがまだ咲いていました。

館内ではほかに、キモッコウが1輪、スヴニールドゥラマルメゾンが1輪、咲いていました。と言っても見頃はまだまだ先のようです。大きな道路はすっかり雪がなくなっているのですが、花がたくさん見られるのはもうちょっと先みたいです。

江ノ島

先日、神奈川県の大船に行きました。モノレールがあるんですね。何も調べないで行ったので、初めて知りました。どこまで伸びてるの?そもそもなんでここにモノレール?という疑問がわきました。地元のホテルに泊まったのですが、ロビーで観光雑誌を見ていたら疑問が解決しました。

江ノ島に行くのか!

時間があったので乗ってみました。羽田空港モノレールと違って、上からぶら下がるタイプなんですね。車窓から外を眺めると、街なかから住宅街、郊外へとレールが伸びていきます。モノレールという「未来」な乗り物と日本の当たり前の風景が同居しているミスマッチ感にすごくワクワクさせられました。なんでモノレールなのかはわかりませんでしたが(笑)。

そして終点で降りて人の流れに沿って歩くと江ノ島。

橋の向こうの島に、たくさんの木と不思議な建物が見えます。

もちろん橋を渡って島へ行き、神社の本殿まで登りました。旅行のバックパックを背負っていたので階段のきついこと(笑)。

島の感想は「観光地だね」ということでしょうか。古い食堂と海外旅行客目当てのキャラクターショップが同居していて、猥雑で楽しかったです。僕向きではなかったですが。

今日の拾い物:クリ

雪の季節に栗の実が落ちているなんて、とても珍しいですね。

天気予報によると、寒い時期ももうすぐ終わりそうです。うちでは毎日雪かきが大変です。寒さも雪もそろそろ終わりにしていただきたいなあと思います。