感動して欲しいシーンで感動してもらう方法

  今まで脚本や物語を作るときに大事なこととして「自分の想像力を現実に再現する」ことだとお話ししました。
でも、想像したものを見せるだけで喜ばれるものなのか、という根本的な疑問があります。

よくあることですが、他人の見た夢の話ほどつまらないものはありません。「奇想天外だけど…」何も共感するところがない。
またデジタルで作成した絵は、見たこともないようなことが描けていても、なぜか感動が少ない。

また逆に、例えば「これすごい素敵だ」と思った写真や絵を他人に見せた時に、とんちんかんな感想や否定的な意見を言われたことは誰しもあるはずです。

自分が感じた感動を他人と共有するにはどうすればよいでしょう。
1.「可能なこと」と「したいこと」はちがうと認識する
脚本ではあまりないでしょうが、映画や絵画ではデジタルでいろんなことができるようになったので、あれもできるこれもできるといろいろいじりがちです。でも、それで実現できることはあなたが本当に見せたかったことでしょうか。技術は自分がやりたいことを実現するために用いるもので、自分のやりたいことを換算させるために使うものではありません。

2.文脈を丁寧につくる
自分が素敵だと思ったことを共有してもらうためには、感動までの道筋、つまり文脈を共有することが前提です。文脈とは、設定と流れのこととここでは解釈して下さい。
脚本でいえば、まず抱えている問題設定や描く登場人物の方向性など、地盤になる部分を理解してもらうこと。その次に共有して欲しい感動に向かってほかの人も同じ道をたどれるように、別の方向へ迷わないように、道筋をつくってあげること。つまり見せたいシーンまでの物語を、シーンそのものと同じくらい大切に書いてあげます。
そういう意味ではサービス精神旺盛な人は脚本や物語作りに向いています。最近言葉で言うと「ユーザーエクスペリエンス」でしょうか。べつに物語の道筋だけでなく、読む人や見る人をできるだけ早く物語に引き込むためには、笑わせたり脅かしたり、それ相応の仕掛けを考えてあげなければなりません。中盤でも終盤でも、それなりのサービスが必要があってこそ赤の他人である読者・観客を引きつけていけるのだと思います。

そう言う意味で、脚本家には本当にサービス精神は必要だと思います。

三菱uniペリシアを使ってみた

Iroenpitu色鉛筆は洋の東西を含めていろいろなメーカーとブランドがあります。
描き味はそれぞれ微妙にちがいます。買う時には試し書きなどもしながら、すごく迷って今うのは私だけではないと思います。

高級なブランドには海外物が多かったのですが、昨年三菱鉛筆からでたのが「ペリシア」。それまで最も高いファーバーカステルのポリクロモスなどよりもさらに高い315円/本。また箱もすごく高級で、なんとバラで買うよりもセットのほうが箱代がはいって高い!? おそらく中高年の塗り絵ブームと高級志向を意識した商品なのでしょう。でもいったい描き味は? インディゴ系の色が必要になって、1本買ってみました。

で、上の塗り見本。
うちにある色鉛筆で同じような色と比べてみました。紙は画用紙です。
ペリシアは確かにねっとり、と言う感じです。
近い感触なのがステッドラーのカラトアクエレル。ちなみにこれは水彩。
あっさりで滑る感じなのがファーバーカステルのカラーグリップ(水彩)。三角形の軸のやつです。描き味は別として、デザイン的にはこれが一番楽しく描けて好きです。
カラトアクエレルとカラーグリップの間がヴァンゴッホ水彩でしょうか。

で、ペリシア315円ですが、比較したほかのがだいたい単価180円くらい。315円分の値打ちがあるのかどうかですが、少なくとも私にとっては必要ない、と言う結論。水彩にする気は全くなくて、こういうねっとり描き味が好きという人で、かつお金持ちで、かつ色数は必要ない、という人にはOK。なんせまだ36色しかないですから。鮮やかな色はあっても、葉の色や幹の色、空のグラデーション、街を歩く人の服、といったことを描きたい人には色が絶対的にたりないと思います。

大人の塗り絵を意識した商品ですから、そんなの必要ないのかもしれませんが。



あなたはテーマの奴隷ではない

「これってテーマは家族?」
ヴィム・ベンダースの「パリ・テキサス」を観たあと、友人が言いました。
テーマを探すのは見る人の自由ですが、おそらくヴィム・ベンダースは恐らく「テーマは家族だ」と思って映画を撮らなかったでしょうし、そもそもテーマを伝えるために映画を撮ってはいないと思います。

端的に言えば、作品はテーマを伝えるための手段ではないのです。
作品はあくまであなたが「これがすてき」と思えるシーンを現実の上に再現するための方法です。テーマが何かしらあって、それをどうしても伝えたいのなら、観客を集めた時にチラシを配ればいいのです。
いや、テーマありきの演劇や脚本を否定するわけではありません。社会問題を告知するための方法として演劇や映画を用いることもよくあることです。でも、もしあなたがそう言う制約の下でなく、自分の想像力と創造力を可能な限り自由に使いたいなら、そしてそれによって見る人を楽しませたいなら、テーマなど必要ありません。
あくまであなたが人に観て欲しい、共有したいエピソードを積み重ねること、それらのエピソードどうしがスムーズにつながるように整理すること、それがあなたの仕事だと思います。だってあなたは自分の想像力を出力するのが役割で、(他人が設定したものであれ、自分が設定したものであれ)テーマを再現するための奴隷ではないんでしょ?

ただし方法論として、自分の想像力を人に見せるだけで、他の人が見てもおもしろいものになるのか?という疑問はあります。
それについては近日説明します。


bus 3pics

a woman waiting bus
a old woman waiting bus in snow
people in a bus

gamble in temple



There is Kennin temple in neighborhood of JRA of Kyoto. Two men examined horse racing in the precincts. Would there be the divine favor for them? By the way, a old man had gymnastic exercise in front of them.
京都のJRAの近くには、建仁寺がある。その境内で2人の男が競馬を検討していた。彼らに対して御利益はあったのだろうか。ちなみに、彼らの前でおじいさんが体操をしていた。