リーキ

北海道に来るまでネギといえば細くて青いものだと思っていました。こちらへ来て長ネギというものがネギの主流だと知り、驚きました。同時によく知っているコンニャクが「関西風コンニャク」という名前で売られているのを見てびっくりしました。

ま、それはいいのですが、ヨーロッパの方でネギ類の代表といえばリーキのようです。ディック・ブルーナさんのポストカードでリーキを描いたものがあり、そのシンプルさが好きでいつも見えるところに飾っています。いつか同じように描いてみたいなあと思っていました。

とは言うものの、実物のリーキをほとんど見たことがありませんでした。ですが先日スーパーの「ご近所野菜」コーナーにリーキを見つけました。食べ方はよくわかりませんが、これは買って家でスケッチしないわけにはいきません。

ディック・ブルーナさんのリーキとはずいぶん違いますが、まずはスケッチしたことが第一歩。いつか自分なりのリーキを描けるようになりたいです。

ではまた明日(たぶん)

2024年版カレンダーも販売中です。こちらからご覧ください。