冬芽

寒くなってきたばかりで冬はこれからという季節ですが、木々の枝にはすでに来春の花や葉の芽がついています。今日は気温が5度を上回っていたので、冬芽のスケッチをしてきました。(氷点下になると筆先が凍ってしまいます)

エゾヤマザクラ。枝先の色が断続的です。この時期なので芽はまだ小さいですが、春前には妖しい色気が出てきます。
ヤマモミジ。モミジやカツラなど対生の植物は「まじめ」っていう感じがします。枝の色のグラデーションもスムーズです。
キタコブシ。枝先の綿あめのような芽はまだ小さいです。春前にはモコモコになって、思わずさわりたくなります。

屋外でスケッチしていると、静かな中にかすかな風の音や水音、時折さえずる鳥の声なども聞こえてきます。これがとても心地よいです。最近屋外でスケッチをしていなかったので、久々にスケッチの楽しさを思い出しました。

ではまた明日(たぶん)

2024年版カレンダー、ございます。こちらからどうぞご覧御覧ください。