脚本書こうかな?

脚本ですが、昨日少しよいアイデアが浮かびました。これで行けそうかなとも思います。
でもプロデューサーには、脚本対価について少し高めの相談をしました。
仕事やその他やりたいことがいくつもある中で、芝居の脚本に優先的に時間を使うにはそれなりの動機が必要だと思ったからです。

もし「出せない」と言われたら?
その時はやめようかな。

  generated by feedpath Rabbit

書くべきか書かぬべきか、それが問題だ−2

依頼されている脚本について、まだ書くかどうしようか迷っています。
プロデューサーに先日メールして、以下のことを確認しました。

  1. 人数は多く
  2. すすきの、もしくはすすきの近辺を舞台に
  3. アクティブでなく、スタティックでもよい

なぜこんなことを確認したのかというと、これまでこのプロジェクトに関する過去の2作を書かせてもらって、楽しくないと感じたからです。それはつまり次を書いても出来が悪く、観客に出すのが恥ずかしいものになりそうだということです。
誤解のないように言うと、このプロジェクトが楽しくないのではなく、要求される制約が自分の書きたい方向ではないことが問題なのです。

上記の3を確認できたのは大きいです。これで少し自分らしい感じが出そうです。でも1と2がやや難関。書くなら3人程度の芝居が一番好きです。話がシンプルだからです。大勢が出てきてばたばたするなら、脚本よりもたたき台だけあったほうが演劇としてはつくりやすい気がします。また正直言うと、私はすすきのにはほとんど飲みにいかない。
要するに、私はお祭りは興味ないんです。あくまで日常の中の出来事が好きです。そういう形で1と2をクリアできるプランを思いついたら、書くことになると思います。でも今の時点ではまだクリアは無理です。

今あるアイデアは、既存の有名な脚本をたたき台にして、それを前半のストーリーにすることです。この投稿のタイトルが「書くべきか書かぬべきか」であることを見れば、ほぼお分かりだと思います。亡霊が出て、裏切りもあります。これを軸に男女の愛憎を絡めて後半をつくるつもりですが、そこはまだ何も思いついていません。
何よりこのアイデアはややアクティブで、かつ自分にとってリアリティのない話です。こんな脚本が一番つまらないんです。

もう少し考えます。

でも、ピアノと踊りのたたき台や、自分のsilent-storyも考えたいんです。特に後者は今いいアイデアが2つもあって、早く形にしたい。
正直言ってほかの人の脚本を書いている場合じゃないんですが。でも書こうかと迷うのは、札幌の演劇に対してまだ関わりを持ちたい(影響力を持ちたい?)こと、仕事と日常以外のカウンターを持ちたいという下心があるからです。
この下心を断つのは要するに、ほかの人が2次会に行こうと言うのを断る勇気と同じです。でも今までは思い切って断った方がいい結果でした。

仕事で出席したあるパーティを早めに退席しました。後日、その後パーティは2派に分かれて紛糾したと聞きました。もし居続けたら、巻き込まれていずれかの派閥と見なされ、仕事に支障を来すところでした。

先日のツアーも宴会の参加を見送ったら、料理もまずく交流もなかったと聞きました。8000円も出して参加しないでよかったと思います。

思い出します。小学4年生だったでしょうか、夜に近所の子供たちと花火をしたあと高学年の子供が「今から泉北行こう」といってほかの子供たちと走り始めました。私は泉北がここから歩いていける距離にないことや高学年の子が泉北と全く異なる方向に向かっているのはわかっていたにもかかわらず、ほかの子供と一緒についていきました。要はもし自分が行かないでいて、後でほかの子が「面白かったぞ」というのを聞きたくないだけなんです。結局ほどなく皆家に帰りましたが、私には変なむなしさが残りました。お母ちゃんには「アホか、泉北なんか行ける分けないやろ」と言われました。そりゃそうや。でもなんかな、行かな損かな思て。

これです。「損するかな」。

損かな、と思って行動したらよけいに損をします。昨日は仕事で行ったところのランチが1300円だったのでケチってパンを買ったら、すごく固くて差し歯が外れました。

私は人生の「演劇2次会」を断るべきだとわかっています。でもこれは2次会ではなく、新たなチャレンジの始まりになるのでしょうか。そう思えたら書きたい。今はそう思えるポイントを探しています。

最近のスケッチ

何でも「描こう」と思った時が描き時ですね。私はソースはウスター派です。物心ついて後、最初のお使いがウスターソースを買いにいくことでした。お金を出して「ウスターソースちょうだい」と言ったら本当にソースをくれるのか、すごく心配だったのを覚えています。ちなみにその時はカゴメのウスターソースでした。

JRの車内です。パースは崩れていますが、まあいいでしょう。新千歳空港行き快速エアポートです。観光シーズンだからか、乗客はいっぱい。私もそのうちの一人ですが。

地下鉄で。左から2番目の人は、ちょっとむかしの香港映画の2枚目のようでした。

また地下鉄で。雨の予報だったので、傘を持っている人も。このごろ夏とは思えない気温なので、皆さんちょっと厚着です。

眠る女性。

左端の女性は鞄の中で何かを一生懸命探していました。その後ほかの人が駅で降りて、私はその女性の横で一生懸命iPodのコードをほどくことになりました。

人に人を紹介する仕事

昨日までの3日間、仕事で「小山内健と巡る北海道バラツアー」なる旅行にほぼ同行しておりました。テレビ番組で2回連続「バラ通選手権」チャンピオンになった京阪園芸の小山内健さんをはじめ、日本橋三越屋上の「チェルシーガーデン」でバラアドバイザーをしている有島薫さん、岐阜県の「ローズオブローゼス」専務の大野耕生さんらと北海道のバラ園や個人宅の庭を回るツアーでした。

おかげさまでお三方とは親しくしていただき、いろいろ楽しいお話を聞くことができました。驚いたのは3人ともバラに関して恐ろしくまじめだということ。半端ではない。
バラが咲いてるのを見るや、それに関する話が始まります。ましてやそのバラに名札がなければなんと言う名前なのか、花の形、色、香り、葉、刺などから推理して同定していきます。それをそばで見ていることの楽しいことといったら。

3日目はトークショーがあったので、やってきた道内の花関係の人を今度は、私が3人にご紹介しました。

そして改めて認識したのは以下の2点。

  • 自分は花に関して人に会うのが楽しい(たぶん花に限らずその道を究めた人や究めようとする人に会うのは楽しい)
  • 自分は人に人を紹介するのが楽しい

多分今の仕事を続けているのもそのためだと思います。決して雑誌の仕事が自分にあっているとは思わないのですが、知らない人に会って話を聞き(人見知りなんですが)、そうやって知った面白い人を別の面白い人に紹介することはすごく嬉しい。

これをなりわいにする方法はないだろうか。
真剣に考えなければと思いました。

  generated by feedpath Rabbit

小さな乗客

昨日の昼さがり、バスで妻の実家に行きました。
途中、誰もいない停留所でバスが止まり、ドアが開きました。
タンポポの綿毛が一輪、フワフワと入ってきて、僕の斜め前の座席に落ちました。
バスは発車し、そのままひと駅、ふた駅と過ぎていきます。
ふと見ると綿毛からは芽が出てきました。
やがて葉が出て茎が伸び、小さな黄色い花が咲きました。
バスはやがて街から山の中に入っていき、あたりは緑がいっぱいに。
そのうちまたバスが止まりました。
タンポポは綿毛になって窓から出て行きました。

眠り姫

一週間の最後、金曜日の夜だったので皆さんお疲れでした。
左端の若い女性はもう倒れんばかりでした。

書くべきか、書かぬべきか、それが問題だ

まだ悩んでいます。脚本の依頼を受けるかどうか。
正直なところ、今演劇の脚本を書きたい気持ちは、自分としては全くないんです。でもせっかく依頼されているしなあ、というのがあります。

…脚本のために使う時間があるなら、「絵で作る物語」(silent-story)をつくりたい。
…でも仕事の人間関係とは全く別の関係世界は、自分の生活の中に必要。
…ぱぱっと、すぐに書けるなら、やってもいいか。
…そういえば、ピアノと踊りのパフォーマンスのたたき台、つくらなくちゃ。
…いろいろあるなあ。ほんとに自分がやりたいのはsilent-storyだし。これに時間資源を集中させたいなあ。
…でも多少ならあれもこれもやった方が面白そうだし…。

結論は出ません。