今更ですが、アントニオ猪木さんについて

先日プロレスラーのアントニオ猪木さんがお亡くなりになりました。僕は高校生の時に少しテレビを見ていただけで、プロレスファンでもなんでもありませんが、それでも思うところがあります。

お亡くなりになってから、ネットなどで「猪木から勇気をもらった」という意味の文章をよく見かけます。実は僕もそういう体験をした1人かもしれません。

高校時代は山登りが好きだったのですが、山好きだからと言って、山へ行く前日はピクニックのようにはしゃぐわけではありません。むしろ、しんどそうだったり、難しかったり、あまり他にチャレンジしている人を見かけない山行は、前日はブルーです。

いや、行くって決めたのは自分なんです。でも同時に、翌日の困難を考えると「オレ大丈夫かなあ」と不安になるわけです。

その夜も、1人で54キロの長い縦走路を一日で歩き通す、という難しそうな山行を翌日に控えて、高校2年制の僕はややブルーになっていました。やりきれたら自信になる、でもあまりに長くて体力的に厳しい。やっぱりやめようかな、とも思いました。1人で行くんだし、誰にも計画は言っていないので、行かなくても誰にも何も言われないし。

で、居間に行くとテレビでプロレスをやっていました。確か、猪木対アンドレ・ザ・ジャイアントだったと思います。

アンドレ・ザ・ジャイアントって、めっちゃでかいんです。

そのアンドレに向かって、猪木が必死に立ち向かっていく。

当時の僕でさえ、プロレスはなかば八百長というか、仕組まれたゲームというのは知っていましたが、それでも猪木が気持ちで立ち向かう姿に引き込まれました。なんというか、闘う気持ちを感じました。

…勝敗は忘れましたが、その後自分の部屋に戻って「明日、オレも闘おう」と思いました。

アントニオ猪木といえば、あの試合のことがまっさきに思い浮かびます。

ではまた明日(たぶん)

あ、そうそう。翌日は、その長い縦走路をしっかり歩き通しました。途中で2人組の登山者に聞かれてコースを説明したら、「そんなところまで行けるわけがない」と笑われましたが、夕方にはゴールの大きな橋を渡りました。

あの充実感は、今でも忘れません。

ありがとう、猪木。

…そうやって、1人で挑戦する課題は、仕事でも趣味のランニングでも時々現れます。もちろん、やらないという選択肢もありますが、やれば確実に自信になる、今ならやれるギリギリの下地はできている、という時は、あの高校生の時の気持に近いものがあります。もちろん前日はちょっとブルーです。失敗する可能性も大きいわけですから。

でもそういったチャレンジを1つ成し遂げると、やはりうれしいし、自分に自信が持てますね。今日はフルマラソンよりも長い距離を走り切れました。よかったです。

一ヶ月先の展示の絵

秋にたくさん展示を詰め込んだことで(自分のせいです)、オペレーションがややこしいことになっています。

昨日、四季の香ローズガーデンさんの展示の絵を発送しましたが、今日は来月の京阪園芸さんの展示の絵を描いています。この2つの展示の間には、花菜ガーデンさんと京成バラ園さんの展示がはさまっています。

ややこしい。

そして、これを描いたとして、いつフレームに入れて、いつ発送の段取りにすればいいのかもカレンダーを見ながら決めないといけません。たいへんややこしい。

でも、一番恐れていた「展示の絵が足りない」という事態だけは避けられそうな気がします。今のところ、希望的観測ではありますが(笑)。

いや、そんなに買っていただけたら、とても嬉しいことではあります。足りなくて泣きそうになるくらい、皆さんがいらしてくれることを願っております。

ジレンマ(笑)。

ではまた明日(たぶん)

ナナカマドの紅葉の始まり

10月になりました。気温も下がってきました。ナナカマドも赤い葉が目につくようになってきました。

紅葉の始まりです。

今日は絵を発送し、髪を切り、いろいろさっぱりしました。

明日は雨風が強いみたいです。あさってからは気温がぐっと下がります。山では初雪になるとか。

ではまた明日(たぶん)

秋の夕暮れは雲がきれい

「四季の香ローズガーデン」の絵をすべてフレームに入れ、箱に詰めました。絵だけ送るのならまだ気持ちはラクなのですが、自分で会計をするので、そのためのなんやかんやといった小物も入れます。あと、ポストカードなどのグッズ類。そして今回は子どもさんたち向けにスケッチ教室がありますから、その道具も。

展示のたびにやっているのに、いつも全部一気にやろうとしてパニックになるので、今回は工程表を作って1つ1つこなしました。

きちんとできたと思います。

発送は明日です。余裕ができて、少しホッとしました。まだ次の花菜ガーデンさんのセッティングとか残っていますが、それは明日以降でよいでしょう。

夕方買い物にでかけました。

空を見上げると、夕暮れの空と雲とがすごくきれいです。毎年思いますが、秋の夕方の雲は造形美に見とれますね。斜めに光線が射すせいでしょうか、日の当たる部分は金色に輝いている一方で雲の陰影が立体的。しかも刻々と形が移り変わっていきます。見ていて飽きないです。

こういうのを描けたらいいなあと思いますが、まだまだ技術が足りません。いつか描いてみたいものの1つです。

ではまた明日(たぶん)

また栗を拾ってしまった

「火中の栗を拾う」という言い方がありますが、僕の場合は「路上の栗を拾う」です。意味は、文字通りです。

また今日も拾ってしまいました。いい栗を見つけると、放っておくと車に潰されるのがもったいなくて、拾わざるを得ない。1つ拾ったら、同じような栗が落ちていた場合、「なぜさっきのは拾ったのに、これは見捨てるのか」という問答が頭の中で始まってしまい、結局拾います。そしてまた1つ、さらにまた1つ…。

拾ったものは描かないと。

こうして見ると、きれいな形のものもあれば、いびつなもの、複数が1つにくっついたもの、小さいものなど、いろいろあります。それもまた買ってきた栗にはない面白さかなと。

さて、次の週末からは練馬区の四季の香ローズガーデンさんで展示です。そのための絵は、今日で全て揃いました。これなら初めての場所でも自信を持って「僕、こういう絵を描いています」と言えるラインナップです。たぶんね。

ではまた明日(たぶん)

もう一度いいます。今年はクリとドングリがすごい

先日の投稿でも書きましたが、今年はクリとドングリが豊作です。今朝も散歩をしていたら、風が吹くと上の方から何かがこの葉や枝に当たりながら落ちる音がして、最後に道路に転がっていたのはドングリでした。こんなもの、頭にあたったらかなり痛いと思うので気をつけねば。

クリもたくさん落ちていて、多くは残念ながら車に踏まれてしまっていますが、まだまだ木の上にたわわに実っています。

落ちているクリの中から、つぶれていなくて虫食いがないものを拾ってスケッチしました。

北海道の野生のクリは、クリ(Castanea crenata)です。天津甘栗など、お店で売られているのは一回り大きなチュウゴクグリだそうです。

それにしても、ただで拾ってきたものが食べ物になるなんて、こんな贅沢はありません。

今晩は、拾ってきたクリで栗ご飯が食べられそうです。

ではまた明日(たぶん)

秋の渡り鳥

春はよく見かけますが、秋の渡り鳥はあまり見る機会がありません。どうやら一番飛ぶのは10月らしく、その時期は僕が関東で展示をすることが多いからです。

でも今日は、半年ぶりの鳴き声に空を見上げると、長い一列になった編隊が飛んでいました。

さて、10月8日からの四季の香ローズガーデンさん(練馬区)での展示に向けて、着々と準備を進めております。初めての場所なので僕らしいラインナップと、この場所にだけ合わせて描いた絵をいくつかお持ちします。

もちろん、カレンダーやその原画もたくさん持っていきますよ。

お近くの方、ぜひお楽しみに!

ではまた明日(たぶん)