shiro について

ガーデンライター、イラストレーター。花のイラストでパッケージをつくったりビルの壁画を描いたりするのが夢。

4週間くらいでいいんだけど

雪の上でランニングするってこういう感じだったよなあ、と思い出しました。

今までは降ってもアスファルトの上は解けていたのですが、今日は路面にも積もりました。さすがにフカフカの雪には砂浜ほどではないにせよ足が取られるので、車のタイヤで圧雪になった轍を選んで走りました。それでも多少のクッションがあって、体重が乗ると沈みます。おかげで心拍数は上がるけど、スピードが上がらない(笑)。

雪の上でランニングするってこういう感じだったよなあ、と思い出しました。

でも、真っ白な路面と静かな風景は、走っていてとても気持ちがいいです。雪の上でランニングするってこういう感じだったよなあ、と思い出しました。

これをあと4ヶ月くらいやるわけです…。

長いなあ。4週間くらいでいいんだけど(笑)。

ところで、カレンダーですが、おかげさまで毎日ご注文を頂いております。平日であればほぼ毎日発送していますが、来週月曜日は発送できないため、今夜から月曜日にかけてのご注文はまとめて6日火曜日の発送になります。どうぞご了承ください。

こちらからのご確認のメールも少し遅れてしまうかもしれません。

ではまた明日(たぶん)

あ、カレンダーのご注文はこちらのページで承っております。

急に寒いぞ

朝起きたら真っ白でした。気温も上がらず、ストーブは日中でも設定温度に届かず唸っていました。いよいよ冬ですね。それもそのはず、今日から12月でした。

普段出かけるのは近所のコンビニと田舎のスーパー、あと郵便局くらいなので、あまり街へ出歩かないためか、年末感がありません。でも僕はそのほうが好きです。クリスマスソングを延々と聞かされたり、むりやり正月気分を盛り上げたりさせられよりは、できれば静かに過ごしたいと思っています。過敏症というほどではありませんが、騒がしいのとか眩しいのとかはないほうが穏やかに過ごせていいです。

外からの刺激だけでなく、内側の気持ちもできるだけ一定で過ごすほうが好きなので、ドラマや小説はできるだけ避けています。特にドラマ嫌いは子供の頃からですね。自分のことのようにハラハラ・ドキドキしてしまいます(笑)。

さて、ご注文の絵も少しずつですが、1つ1つ描いてお送りしています。あまり遅れるとドキドキしてしまいますから、これも早めに制作したいところです(笑)。

ではまた明日(たぶん)

※カレンダーのご注文受付中ですが、明日早朝までのご注文は明日中に発送し、その後は来週火曜日の発送になります。確認メールをお送りするのも少し遅れ気味になるかもしれません。何卒ご了承ください。でも受付はしておりますので、いつでもこちらからご注文ください。

睡眠は大事

昨晩はよく寝ました。するとどうでしょう。仕事がすごくはかどりました。

睡眠時間が短かった前の日と、随分違います。2倍、いや3倍は違ったでしょう。やはり睡眠は大事だなあ。

ベルギーの監督さん。割とオーソドックスなスタイルです。やはり代表監督って、皆いいスーツ着てますね。
と、思いきやメキシコの監督さんはまちなかの普通のお店で買ってきたようなジャケット。ポケットが大きいです。そしてもう1つ気づいたのですが、IDカードを首からぶら下げている監督さんはファッションにあまり興味がなさそう。
モロッコの監督さん。表情も仕草も大きい。指笛を鳴らすところなんて、野性的。ヒゲも野性的。どうやらワールドカップの前までは伸ばしていたようです。白いシャツが野性味と対象的です。

個性の豊かな大人は面白い。

ではまた明日(たぶん)

※カレンダーもよろしくお願いします。こちらで販売中

雪のち雨のち雪

このところの天気は、雪→雨→雪。最高気温も前日との差が10℃プラスになったりマイナスになったり。

でも雨のほうが寒く感じるので、体感的には同じくらいかも。

さて、仕事の絵を描きつつ、またワールドカップの監督さん。

フランスの監督はさすがにおしゃれですね。ジャケットとシャツの色の組み合わせもいいし、全体的なシルエットもかっこいい。時計の大きさがちょっと意外。でもここはたしかに、アップルウォッチではダメですね。
オーストラリアの監督さんはベンツに乗ってるちょっと怖いおじさん的な雰囲気。選手も威圧されそうだなあ。でも本当に怖いのは、こういう外見で圧をかけるタイプではない。

はじめは「似てなくてもいい」と思って描き始めたのですが、だんだん似ていないことに苛立ってきました(笑)。上手になりたい。

ではまた明日(たぶん)

※カレンダー、販売中でございます。こちらのページで御覧ください。

木はいいな

晩秋というのか初冬というのかわかりませんが、11月末の北海道では木々の葉も全て落ちて、樹形がわかりやすくなっています。

樹木の、特に大きな樹木の幹を見ると、本当にすごいなあと思います。またその根本の荒々しさや、梢の繊細さも言葉に言い表せません。見とれてしまいます。

暗くなってから家に帰る途中、畑に白い動物が走っていました。エゾウサギです。もう真っ白に毛代わりしているんですね。たしかに昨日の朝は雪が積もっていました。もう真冬に向けて準備万端です。

スーパーではクリスマスソングが響く中、正月飾りが並んでいました。

準備万端ですね。

ではまた明日(たぶん)

※カレンダー2023年版販売中でございます。こちらのページでご覧になれます。

監督の顔2

今朝起きたら、雪が軽く積もっていました。

今日も仕事のかたわら、ワールドカップの動画から監督の顔を探して描きました。

ポーランドの監督。ミシェニヴィッチと読むのかな? 真面目な表情に、グレーのスーツ、グレーのネクタイ。いかにも「元共産圏」という感じで、実際ベラルーシ出身。いやしかし、現在ウクライナのことで母国とポーランドは逆の立場のはず。立場はたいへん厳しいのではないでしょうか。少しのミスも許されません。
サウジアラビアのレナルド監督。初戦のアルゼンチン戦で一躍名前を上げました。ウェーブをかけたブロンズの髪に白いワイシャツ。ドイツ人風のがっしりした体格です。選手を鼓舞しつつ、問題があれば厳しく対応する、みたいな印象。
ウェールズのペイジ監督。黒いジャージ上下。髪もヒゲもないのでなかなか描きにくい。目が若干弱気に見えるところが気になります。男らしくあろうとする男性は黒に頼りがち。いや、この監督がそうだということではないのですが。

ではまた明日(たぶん)

※カレンダー2023年版、販売中でございます。こちらのページで詳しくご覧になれます。

監督の顔

昨日はワールドカップについて書きましたが、僕にとって面白いのは監督の個性です。顔もそうですが、ファッションもそのお国柄を反映しているような気がして楽しいです。

日頃、人の顔を描くことはあまりないのですが、なぜか気になってネットで過去の試合動画から監督を描いてみました。

エクアドルのアルファロ監督。どっかの大きい会社の重役みたいな。
カタールのサンチェス監督。真面目そう。
セネガルのシセ監督。ドレッドヘアにキャップ。
オランダのハンファール監督。赤ら顔。オーソドックスなスーツ。
イランのケーロス監督。ブルーのスーツが似合う菅原文太。
イングランドのサウスゲート監督。もうちょっと男前なんだけど(笑)。ポロシャツにジャケットって難しそう。
アメリカのバーホルター監督。スティーブ・ジョブズもそうだけど、アメリカ人は黒のTシャツが正装だと思っているんじゃないだろうか。そしてやはり腕にはアップルウォッチ。

もうひとり、ウェールズの監督さんもチャレンジしてみたのですが、髪もヒゲも全く無くて、すごく難しいです。何らかの取っ掛かりがないと(笑)。

ではまた明日(たぶん)

※2023年版カレンダー、こちらのページで販売中です。いっぱいあります。