クロ帰る

星がきれいなので、ピクニックシートを出して寝転がって妻と夜空を見る。
いつの間にか、妻眠っている。
さすが。これは猫だな。

起こして家に入ることにする。
わらわらと出てきたネコたちを戻そうと呼んでいると、いないはずの遠くから猫の声。
まさか。
坂道を走る小さな黒猫の姿。

それにしても、なぜ姿が見えているのにまっすぐ来ないで、わざわざ玄関に回って帰ろうとするか。
その後飯を食って寝る。

たまねぎのしゅうかく

午前、猫のご飯を買いにホーマックへ。
途中畑で。
1ヶ月ほど前から、たまねぎ畑は葉がしおれ、やがて地面に倒れ、それも分解されたのかあまり見えなくなっていた。
玉ねぎの葉が萎れるのは、チューリップの葉が夏に枯れるのと同じことらしい。
つまり球根(=たまねぎ)が充実したら、葉のお役目は終わりということだ。

畑では、残った玉ねぎを機械が後ろの箱に入れていた。お父さんらしき人が機械の前に乗っている。でも取りこぼしがあるらしく、お母さんがそれを拾っていた。

いったいいくつあるのやら

稲も実っている。気温は高いままだが、秋は確実。

さて一難さってまた二難。
大丸セントラルで注文したら「本国から搬送で三ヶ月」と言われたため、通販で注文したのだが、電話がかかってきて「在庫ありません」とのこと。じゃあ、なんでネットに載っているのよ。
ないものはないので、文句はやめにして注文を取りやめる。
いったいどうやってベネチアブックを手に入れたものか。
それとも、別のスケッチブックにかえたほうがいいのだろうか。
こまった。

そしてクロは3日帰らず。心配。

一難去ってまた一難〜スケッチブック

今日はイコロの森へ。
こないだ一緒に山に行った湯澤さんの車に登山靴を忘れてきたから。湯澤さんがイコロの森に納品の用事があるとのことで、そこで受け渡しにしてもらう。

国道36号線から入る道は、木々がすごく綺麗。車のコマーシャルとかで使えそうな。

ついでに花を撮ろうと思ったのだが、いまは少ないらしい。
このまま帰ってはここまで何しに来たのかわからないので、ノーザンホースパークに行く。
天気が良くてお出かけ日和。
ちょうどよくヘッドガーデナーのSさんがいらしたので、立ち話。

最終的な私の感想:できるだけ早く、観光庭園の若い現場責任者が集まる茶話会みたいなことを企画する必要があるな。

と、大丸セントラルから電話。「ご注文いただいたスケッチブック(ベネチアブック)ですが、代理店にも在庫がないとのことでイタリア本国から取り寄せなんですが、最悪3ヶ月かかるかもしれません」。がっびょーん。一難去ってまた一難。果たしてベネチアブックは手元に来るのか?それとも今描いているもので最後か? 大変困る。
ベネチアブック同好会はないのか。
明日電話して、3ヶ月後でもいいから取り寄せてくれという話をしよう。そしてネットの通販も頼もう。送料がもったいないとか言っている場合ではない。

家に帰り、少し仕事をして少しお酒を飲んで少しラジオを聞いて少し外に出る。
お、星が見える。夏の星座がくっきり。天の川は…ちと難しい。流れ星も流れた。
家に戻ってカメラを持ってきて少し撮ってみる。

はくちょう座とこと座がうつっている

きんちゃん、それは持ってくるなっていったのに。

夕方、一日かかっても進まない原稿を持て余して散歩に出る。
例によってきんちゃんがついてきた。
おとなりのMさんが外にいたので、そのまま立ち話、そして地べたに座って座り話。あちこちの観光庭園のこと、この庭の将来などについて話をする。
きんちゃんも寝そべって話を聞いているような、いないような。

しかし自分には話しかけられないので退屈したのか、うろうろと近辺を歩き出す。
何度か目の前を行ったり来たりして、くわえてきたのは、小鳥。
雀か?
きんちゃんは狩りをしないので、おそらく落ちていたのを拾ってきたのだろう。Mさんの方ににまっすぐやってきたが、そこで差し上げるわけでもなく、庭などをうろうろした末に、我が家の方へ。「それはもって帰ったらあかんよ」といったが、聞いたか聞かなかったか。

時折「うぇええい」となきながら歩く

その後帰ると、案の定、家の中に小鳥の死骸。内臓、見えてるやん。
もって帰ったら、片付けなさい。
けっきょくほうきとちりとりで外に出すのは私。

そしてきんちゃんはテーブルの下で休む。

転がる。右はだいちゃん。

雨竜沼湿原

野草生産者のY園芸のYさんと、雨竜沼湿原にいく。
野草がいっぱい。そして生産者さんといくと、花の名前や特徴などいろいろ教えてくれる。
そして雨竜沼湿原は素晴らしく広く、空が高く、野草がいっぱいのところだった。
池に映る空も綺麗。
今日はスケッチだけ。
明日は写真をアップします。

展望台から見る雨竜沼湿原

 それにしても、これだけの面積をきれいに埋めるなんて、やっぱり植物は素晴らしい。
沢山の人を案内したい。

雨竜沼湿原出口から、南暑寒を見る

夜の散歩

今日は代車で札幌へ。
運転しやすかったが、さすがに人と車が多くて疲れた。
まずは毎月第4金曜日に出させてもらっているFMアップル。マイクの前で30分お話したあと、まちなかへ。
大丸セントラル。
けっきょくファブリアーノヴェネチアブックを5冊取り寄せてもらうことにした。
店頭での取り扱いはやめたとはいえ、今後も注文すれば取り寄せてもらえるらしい。よかったよかった。
つづいて1件を挟んで、そして花と緑のネットワークへ。
情報の出し口を増やすお手伝いが出来ればと思う。
そして下手稲通りを手稲へ。
E*Gardenへ。おいしいコーヒーを2杯もごちそうになる。ここの庭は面白いものがいろいろ入っていて楽しい。

さて、岩見沢に戻って自動車整備工場に修理の代金を払い、パジェロミニを引き取る。
これでタイミングベルトも安心。
親切に対応いただく。

帰ると、この2日に増してでかい蛾が増えている。
でも慣れてきた。

遠くで猫の声がするので、迎えに行く。他のも色々付いてくる。楽しいらしい。

灯りに照らされる猫たち

眠くなる。寝る。
明日は雨竜沼だ。

リス走る

車が9万キロになったので、タイミングベルトを替えるために工場へ。取替は明日になるので、代車をもらう。車高が低い。でも走りやすい。
岩見沢市内(スポーツセンターあたり)を車で走っていると、前の方で動物が横切った。
細長いのでイタチかと思ったが、近づいてみると、リス。

黒い物体が横切る

危ないので、気をつけましょう。
ひょっとして、リスが貯蔵を始める時期になったということか。