げんちゃん、それは…

このところ一番外に出入りしているのが、げんちゃん。
ここに引っ越した当初は比較的小さくて華奢だったのに、みるみるうちに筋肉質になってしまった。そして狩りもする。でも家の中でおもちゃにするのはやめてほしいので、くわえて帰ってきたときは入室拒否。

明日も帯広に行くことになってしまった。私は自分のことを「いい人」だと思っていたが、そうではなくて「いいかっこしい」 なのであった。

東京、帯広

先週木曜金曜は千葉と東京、土曜日曜は帯広。

エアドゥの機内

28日木曜日、千葉の幕張でIFEX。年々花苗やさんの出展が減っている。目新しい物もなくなってきた。
むしろ ここには知り合いの人たちと話をするのが楽しみになっている。種苗会社の広報の人、営業の人、オーナーなどなど。商品開発の動機、今後の方向性、悩み、市場の動向などなど。
会場をグルグル回るうちに、偶然会う人も楽しみ。

29日は都内をまわる。
それにしても東京は人が多い。
平日の昼でも地下鉄の中は人がいっぱい。これだけ人が多くて緊張があると、本来考えないことも考えるだろうし、やらないこともやるだろう。でもそれは密集の中での緊張関係があるから発生するので、きっとそれらを考えたりやらない方が、本当はあるべき姿なのではないかと思う。

機内で話のネタを考える

夜中に家に帰り、翌30日は帯広に車を飛ばす。
真鍋庭園までちょうど3時間で着いた。前よりもアクセルの踏みこみに躊躇がなくなったか。園内を2周して紅葉を撮影。憲太郎さんいわく「今年はあまり綺麗な紅葉ではない」が、面白い写真はとれたのではないかと思う。夜はいつもの杉田会。

31日の朝は再び真鍋庭園を1周して、紫竹ガーデンへ。なんと、道に迷う。なんども行っているのに、ちょっと油断した。車の中に地図がない。現在地不明。ビートの収穫をしている人とか、2回道を聞いてようやく到着。
紫竹のおばあちゃんにも「若くなった」と言われた。会社をやめてからそう言われることがほんとうに多い。 「どんなにえらい人にあう時でも堂々としているのが大切」とアドバイスをいただく。
昼は十勝千年の森。お昼をご馳走になりながら、ガーデナーの新谷さんといろいろ情報交換。本当にこの人はこのガーデンにどっぷり浸かっている。オーナーである会長とヘッドガーデナーがこれだけ思い入れを込めているなら、千年の森はどんどんよくなるのではないだろうか。

帰りは千年の森から2時間半で家に着いた。車は本当にお疲れさん。

家のご飯

トラとダイちゃん

冬が…

ストーブの前でねむる妻(昨日)

ミゾレとあられ混じりの一日。札幌では結構降ったらしい。普通は岩見沢の方が降るのに。
明後日から東京、その後はすぐに十勝。ひょっとしたら、戻って翌日には再び十勝かもしれない。なんて楽しい。移動ばっかりだときっと楽しいだろうな、とよく思う。
でも家の中も楽しい。

自分の性格は、人にかまってもらったり、関心を持ってもらったりするとそれでうれしくなる。逆に関心を寄せられないと、寂しくなる。ほとんどどの人も、そして動物も、関心を寄せられないとひがんだり寂しくなったりするものだが、そういえば私は小学生の頃は目立ちたがり屋だった。あれも要するに他人からの強い関心を求めていたのだと、ストーブにあたりながら気づく。

ストーブは面白い。薪ストーブは木を火にをくべて炎を眺めていると時間の立つのを忘れるそうだ。暖炉があると、もっと楽しいのだろうか。いずれにせよ、こういう時間は本州のストーブ(北海道で言うところの「ポータブルストーブ」)では味わえないと思う。

さて、来月半ばで42になる。人生も半ばを過ぎてしまっている。ということは、親はとっくに半ばを過ぎて、終盤に差し掛かっているのである。息子の自分に何が出来るのか、遅ればせながら考えてしまう秋の夜長。

猫に集われる妻。この後すぐ布団に行く