shiro について

ガーデンライター、イラストレーター。花のイラストでパッケージをつくったりビルの壁画を描いたりするのが夢。

夜明けの満月

朝起きて東側の窓を見たら、満月でした。

今から沈むところですね。いい景色を見られました。

さて、今日はNHK文化センターの日でした。ですが、札幌は除雪排雪が追いつかず、2車線が1車線になるほど雪が溢れてすごく渋滞しているとのこと。別ルートで高速道路を使おうかと思ったのですが、ラジオからの道路情報では事故のため札幌ジャンクションで9kmの渋滞。仕方がないので途中まで車で行って駐車場に停めて、地下鉄で向かいました。

雪道の運転はいろいろ大変です。

明日からはまたしばらく家にこもって制作作業です。ああ、そろそろ経理も手を付けないとなあ。そしてこのホームページもずいぶんほったらかしの部分があるので、それもなんとかしたい…。いやその前に今年前半のスケジュールを決めていかないと…。

意外にやることいっぱいじゃない? 冬なのに。

ぼんやりしていると春になってしまいますね。

ではまた明日(たぶん)

いいぞ日常だ

今日は仕事らしい仕事の日でした。絵を描くだけでなく、営業したり、提案したり。うん、なんかいい感じです。日常です(笑)。

雪のことに煩わされないって本当にいいですね。

そういえば、雪に絶対に煩わされない土地のライブカメラを見るのがマイブームです。いや、マイブームって死語か? それはともかく。

アフリカ、ナミビア砂漠です。

人工の水場に置かれた定点カメラ。オリックスがしょっちゅうやってきます。時々ダチョウやキリンもやってきます。こうしてみると、やはりキリンはすごく大きいんだなあと思います。野生の動物の生の姿が見られてとてもおもしろいです。

ちなみに時差が7時間なので、日本時間の午前中はだいたい真っ暗です。

ところで先日ストーブが壊れてしみじみ思ったのですが、大事なものは壊れてからでは遅い、ということです。そういう意味ではこのブログを書いているMacBookもちょっと古い。2013年のモデルでしかも中古です。趣味じゃなくて仕事になくてはならないものなので、そろそろ買い替えてもいいかなあ。マックもずいぶん安くなったし。いやモスバーガーのほうがおいしいし。

ではまた明日(たぶん)

明るくなってきた

寒いのは変わりませんが、日の入りが少し遅くなってきましたね。冬至頃と比べて25分くらい遅くなったのではないでしょうか。

3時頃の空の雰囲気は変わってないかなあ。

シジュウカラ。

シジュウカラといえば、故 五代目春風亭柳昇師匠の雑俳という噺で「アナタの財布はシジュウカラ」というのを思い出します。

シジュウカラは小鳥ですね。

「スズメが電線から落ちたってね。コトリ」

たしかこんなひとこと小話だったと思います。八代目橘家 圓蔵師匠です。エバラ焼肉のタレの人ですね。

ではまた明日(たぶん)

徐々に通常営業

正月やら大雪やらいろいろあって、なかなか調子が戻りませんでしたが、徐々に通常営業ができるようになってきました。いったいこの半月、何だったんでしょうか。頂いたメールにもほとんどお返事できていませんでした。でももう大丈夫のようです。

絵も、描き始めれば調子が出ます。どうやら絵も前より下手にはなっていないようです。

そういえば、今朝は久しぶりに雪かきをしませんでした。昨日の夜はちょっと腰の調子が良くなく、またぎっくり腰をやったらどうしようかと思いましたが、テニスボールなどを使っていろいろストレッチをしたおかげで、一晩寝たら大丈夫になりました。

でも油断はしないようにします。まだ冬が終わったわけではないですから。ここ数日は気温は0度くらいまで上がりましたが、今週はまた気温が下がりそうです。まあ、冬が長いほうがいろいろ絵が描けていいですね。

ではまた明日(たぶん)

久しぶりの日差し

今朝はまた雪かきをしたものの、やっと雪がやみました。少しですが、久しぶりに日差しも出ました。影なんか見るのも、久しぶり(笑)。

それにしてもひどい3日間でした。いや、うちなんかまだ田舎だからいいですけど、札幌をはじめ、道内各地の住宅街では雪をどこにどう積み上げていいのやら、という状態ではないでしょうか。四つ角では見通しが悪くて運転は大変だと思います。

さて、僕の方も日常が戻って、依頼の仕事にようやく本格的に手を付けられました。先日まで悩まされていた頭の中のぼんやりとした霧状態も徐々に晴れてきたように思います。いやでも、まだ経理の仕事には戻りたくないので絵の仕事をします(笑)。でももうすぐ確定申告やらないといけないんですけどね〜。

やらないといけないことといえば、春の展示の日程もそろそろ各地にご相談して決めていかないといけません。ちなみに4月は2ヶ所決まっています。ありがたいことです。

前にも少し書きましたが、展示と販売をセットで考えるのではなく、展示だけしかできない場所では「展示のみ」という機会もあってもいいかなと思うようになってきました。もう少し考えます。

ではまた明日(たぶん)

よりによってこんな時に…

大変なことはだいたい「よりによってこんな時に」起こるなあと思います。この3日間、北海道はずっと大雪と強風ですが、よりによってこんな時にストーブが壊れました。スイッチを押しても点火しません。さむーい。

(スケッチした時はまだ心の余裕がありました…笑)

代理店の人に来てもらったのですが、札幌の営業所に持っていって分解しないと修理できないというお話し。今日は金曜日だから持っていくとしたら月曜日になります。しかも部品が100%あるかどうかはわからない。だとすると、最悪、一週間経っても結局なおらない可能性もあります。その間、ポータブルストーブだけですごす? いやいや、耐えるだけなら可能でも、日常生活はちょっと無理。

では新品を買うしかないですねえ。え?お店に在庫はない? なぬー。

仕方ないのでネットで今のストーブの後継機種を調べて、最寄りのホーマックに電話して、在庫があるかどうかを聞きました。すると不幸中の幸い。展示品が1台残っていて、定価13万だけど6万で出せますとのこと!

というわけで大急ぎで買いに行き、帰ってから故障したストーブの排気口やら給気口やら灯油チューブやらなんやらかんやらを外し、新しいストーブを同じようになんやらかんやらをつないで、無事に点火できました。やればできるじゃん、おれ。

しかも、あったかーい。

それにしてもこの3日間、道内はJRや飛行機が止まって大変です。ストーブを買いに行ったときには吹雪いていなかったことも不幸中の幸いでした。途中には事故なのか、脇道に入るところにパトカーが通行止めをするようにパトカーが停まって警察の人も立っていました。

直接の知り合いではありませんが、お名前を聞いたことのある方も除雪機で事故にあわれたようです。雪下ろしをするときには落ちてくる側に自分の体を置かないこと、屋根の上では雪庇を踏まないようエッジを先に出すこと、後ずさりしないこと。

本当に気をつけたいものです。

ではまた明日(たぶん)

新しいパレットに絵の具を入れる

昨年秋に新しいパレットを買いましたが、ようやくそれに絵の具を入れました。

学校の絵の具は使うごとに洗っていましたが、透明水彩絵の具は洗いません。だから予め絵の具を流し入れておきます。このまま乾いても大丈夫。水で濡らせば乾く前と同様に使えます。

それにしても使い慣れたパレットから移行すると、どの色がどこにあるのか戸惑います。とはいえ、前のパレットは手狭になったので、早くこれに慣れるしかないですね。

ところで、よく水彩画の本で「パレットには色がグラデーションになるように絵の具を入れましょう」みたいなことを書いてありますが、そんな必要はありません。むしろそれをやってしまうと、似たような色が並んでしまい、慣れない方はどれがどの色なのかわからなくなってしまいます。(絵の具は乾いた塊のときと塗ったときの色とは全然ちがいます)

右利きの人は最もよく使う色をパレットの左側に入れると、手の動きが最小限ですみます。僕の場合は緑系です。またよく混ぜる色は隣同士に。僕は紫系の色はいつもコバルトブルーとパーマネントローズを混ぜて作りますので、この2つは並べて入れます。

逆に、他と混ぜることの少ない色はできるだけ他と離して入れると良いと思います。僕でしたら、ペインズグレーとかカーマインです。同じ意味で、黄色系の色は他と混ざるとにごりやすいので、このグループは他と離すようにしています。

あと、パレットがきれいじゃないと気がすまない人もいますが、全然そんなことは気にしなくて大丈夫。いろいろな水彩絵の具の先生の本を見る限り、皆さんとても汚い(失礼)です。いや、上手な先生ほど汚いかも(笑)。だから思い切ってパレットを汚くすると上手になるかも? それは冗談としても、要はどこにどの色があるのか、この汚い部分は何色と何色が混ざった色なのか、自分が把握していればそれでいいのです。

最後にこんなことを言うのもなんですが、正直に言うと、実は市販のパレットは僕にはあまり使い勝手がよくありません。できれば仕切りがなくて、ぜんぶフラットだと自由に使えていいなあと思っています。でもいくら探してもないんですよねー。

ではまた明日(たぶん)