shiro について

ガーデンライター、イラストレーター。花のイラストでパッケージをつくったりビルの壁画を描いたりするのが夢。

監督の顔

昨日はワールドカップについて書きましたが、僕にとって面白いのは監督の個性です。顔もそうですが、ファッションもそのお国柄を反映しているような気がして楽しいです。

日頃、人の顔を描くことはあまりないのですが、なぜか気になってネットで過去の試合動画から監督を描いてみました。

エクアドルのアルファロ監督。どっかの大きい会社の重役みたいな。
カタールのサンチェス監督。真面目そう。
セネガルのシセ監督。ドレッドヘアにキャップ。
オランダのハンファール監督。赤ら顔。オーソドックスなスーツ。
イランのケーロス監督。ブルーのスーツが似合う菅原文太。
イングランドのサウスゲート監督。もうちょっと男前なんだけど(笑)。ポロシャツにジャケットって難しそう。
アメリカのバーホルター監督。スティーブ・ジョブズもそうだけど、アメリカ人は黒のTシャツが正装だと思っているんじゃないだろうか。そしてやはり腕にはアップルウォッチ。

もうひとり、ウェールズの監督さんもチャレンジしてみたのですが、髪もヒゲも全く無くて、すごく難しいです。何らかの取っ掛かりがないと(笑)。

ではまた明日(たぶん)

※2023年版カレンダー、こちらのページで販売中です。いっぱいあります。

少しずつ整理できるようになりました

いやー。ふと振り返れば散らかった机。カレンダーの発送とご注文の絵の制作が最優先なので、ほったらかしまくりでした。

今日は1つ、仕事の絵を仕上げたので心の余裕ができたのか、机の上を整理(というかスペースを広げるために別の場所に積み上げる)をすることができました。

カレンダーの発送も、だんだんプレッシャーに感じなくなりました。少なくなったわけではなく、頭の中の疲れが徐々に取れてきたのだろうと思います。そう思えば、2,3週間前は仕事中の頭の中にモヤがかかっていたような気もします。できれば、さらにモヤが晴れてくれたらなおはかどることでしょう。

世間ではワールドカップが開催中です。僕もサッカーが好きだった頃があるので、ワールドカップは見たくなります。ネットで中継してくれる世の中になって、大変ありがたいです。

でも今のサッカーは難しくてコンパクトで、素人が見てもよくわからない。30年前くらいのワールドカップって、オーバーヘッドキックやボレーシュートなど、大技の個人技がすごく面白かったです。アフリカや南米コロンビアのチームは個性も豊かでした。コロンビアのキャプテン、バルデラマなんて、すごい髪型してたなあ。その名残りなのか昨日のカメルーンの監督さんはドレッドヘアに白いひげを生やし、ジャケットを着て、しかもキャップをかぶっていてかっこよかったなあ。一歩間違えれば競輪場にいてもおかしくないファッションですが、ギリギリのところでダンディに踏みとどまる感じがすごくよかった。

今の時代は個人の技量に頼るのではなく、組織として闘う時代なのでしょう。そのために各チームの監督は知恵を絞って作戦を練り、それを体現できる選手が選ばれる、ということなのかな。

それが楽しいかどうかは人によると思いますが、サッカーに関しては僕はバルデラマがいた時代が良かった。

そのうちAIが監督をしてもおかしくないかもなあ。

ではまた明日(たぶん)

※2023年版カレンダー、こちらのページで販売中です。よろしくどうぞ。

そして現状

一昨日からのチューリップ。ようやく絵の具を塗り始めました。ここまで来れば、もうゴールまでまっしぐらです。

まだ途中ですが、こうなれば不安はありません。

明日は完成をご覧いただきたい…ところですが、ご注文の絵なので、最初にご覧頂くのは依頼主に限りますので、どうぞご容赦を。

ではまた明日(たぶん)

※2023年版カレンダー、こちらのページで販売中です。

そして並べてみたけど

昨日はチューリップの品種を選んで、それぞれの形や色を把握するところまででした。

今日はいろいろ考えた挙げ句、描く数を決めて、それに合わせて品種を選び直しました。同じような色のものや、面白い品種だけど載せると画面を暗くしそうなものは残念ながら落選。それと、僕の技術的に上手に描けないぞ、というものも残念ながら落選です(笑)。

そして同じ色や形のものが近くに来ないように考えながら配置。よし、これでいよいよ筆の出番です。

いやその前に本番の紙に区割りをします(いつもはこんな細かいことしません)。

ようやく絵の具と筆の出番です。まずは白い品種から入れていき…。

入れてみたら、先に考えていた配置じゃないほうがいいかなあ、と思い始めてあれこれ変更。もう一度、配置を決めた紙に移動の矢印を書き込んで…。

おいおい、いつになったら始まるのよ。

ではまた明日(描けへんのかーい)。

※2023年版カレンダー、こちらのページで販売中です。

チューリップ、多すぎないか(笑)

今、ご注文の絵の制作のかたわらで、チューリップの絵の仕事をしています。なんとなくは思っていましたが、チューリップって、本当に種類が多い!

まずどの種類を描くかという候補を探すのだけでも目が回りそうです(笑)。こうして見ると、単色の種類よりも、白と紫とか、黄色と朱色とか、バイカラーの品種がかなり多いです。その組み合わせだけでもたくさんありすぎます。

それと形。花弁が丸いもの、三角、尖ったもの、フリル…それにプラスして八重咲きというオプションもあります。

色と形の組み合わせで表を作ろうとしましたが、そんなわけで断念しました。

仕方ないのでなんとなくバランスを考えて、多めにピックアップしました。

そして本番の絵を描くために、まずはボールペンと色鉛筆で練習。

品種ごとに、形、色を描いて、自分の印象も書き添えます。

明日もこれは続きます。

ではまた明日(たぶん)

※2023年版カレンダー、ネット販売中です。コチラのページで詳細をご覧になれます。

白菜の季節

今日はカレンダーとご注文の絵の発送でした。発送のアレコレをやっていて思ったのですが、一昨日やその前よりも作業が苦ではないです。ということは、やはり疲れていたのだろうと思います。思い起こせば先週は座っていても背中が丸まってテーブルに手をついていたもんなあ。この調子で少しずつ体調が戻ってきたらいいなあ。走るのもラクになるし。

今日はスーパーで白菜と豚バラ肉を買いました。何を作るのかというと「豚肉白菜」。いや、まんまやないか、というお声が聞こえてきそうですが、料理名を知らないのです(笑)。

鍋に白菜を敷き、その上にバラ肉を敷き、その上にまた白菜を敷き、その上に豚バラ肉を…。という具合に両者をミルフィーユ状に重ねていきます。そして料理酒をコップ3分の1くらい入れて、あとは中弱火。

ポン酢で食べるのが最高です。

これが大好きで、冬になると作ります。やはり白菜は冬だなあと思います。

一度これをキャベツでやってみたことがあるのですが、がっかりでした。

でもキャベツは大好きで、とんかつ屋に行けばキャベツはいくらでもおかわりしたいですし、コールスローもあればあるだけ食べます。

キャベツ好きというのは、もしかしたら胃が悪いのかなと思ったりするのですが、健康診断では特に何も無し。

そうそう、お好み焼きのキャベツも大好きです。

どうでもいい話でした。

ではまた明日(たぶん)

※カレンダー販売中でございます。ご注文はこちらのリンクから

どしどし描いている、つもりです

本当にありがたいことに、絵のご注文をたくさん頂いております。現在どしどし描いております。夏に北海道でご注文を頂いた方には今月中に発送できる予定です。

なかなかマルチタスクができない人間なので、1つやるとなったら1つだけしか作業ができませんので、カレンダーの発送とまぜこぜで1日を過ごそうとすると難しく、今日はカレンダーの日、今日は絵を描く日、と分けてやっております。

ではまた明日(たぶん)

※カレンダー販売中でございます。こちらのリンクからどうぞ。