ギョウジャニンニク

昨日は9時前に寝てしまいました。実はちょいちょいあります。小学生以下ですね(笑)。うちはテレビがないので、夜に時間を潰すアイテムがありません。お酒を飲んでご飯を食べたらすることがなくて、そのまま眠くなります。

北海道産のアスパラもおいしいし、九州産のトマトもおいしいし、いい季節ですね。この時期は外食ばかりだったので、旬のものがちゃんと食べられるのはありがたいことです。

ギョウジャニンニクのつぼみがあがっています。でもアリウム属は蕾を付けてから咲くまでが長いみたいです。

それはとうと、来月上旬に大阪に行くのですが、航空会社もコロナウイルスの影響で空席が多くてやりくりに困っているみたいです。先日は予定していたJALが別の便に振替えになり、先程届いたANAのメールでは、予定していた便が欠航になったとのこと。こちらは自分で新しく取り直さないといけないみたいです。5月は展示が中止になったので、ことごとくこちらからキャンセルせざるを得なくなりましたが、全額返金してもらいました。今回の振り替えや欠航は、そのお返しみたいなものかな? だから文句は言えないですね(笑)。

では今日、またあとで(たぶん)

アルテ◯◯の学校

美唄市のアルテピアッツァ美唄をご存知でしょうか。旧小学校の建物を中心に彫刻家安田侃さんの作品やギャラリーなどもある、とてもいい場所です。アートと建物が無理なく共存していて、なんと言うか、とてもいい空気が流れているところです。すごく関係ないですが、何年か前にここで女優の鶴田真由さんに声をかけられたことがあります。「カフェはどこですか?」って。

で、そこで行われるイベントチラシに何のご縁か僕のスケッチがタイトルバック使われました。

アルテピアッツァ美唄の中のどなたかが、僕の絵をご存知だったそうです。うれしいです!

使われているのは何年か前に、そのアルテピアッツァ美唄でスケッチしたものです。道路を挟んだ向こうの山にエゾヤマザクラが点々と咲いて、他の木々の芽が茶色や黄緑で芽吹き出していたのが、とてもきれいでした。

お話をされる笠先生は僕が出版社の編集者をやっていたときからずっと大変お世話になっている方で、様々なガーデンや公園緑地の設計とコンサルタントをされています。そして何より、むちゃくちゃ植物に詳しいのです(ブログも是非ご覧ください)。デザインと生育の両方に詳しい方は日本全国を探してもそうそういらっしゃいません。北海道に笠先生がいなかったら、きっと北海道のガーデンは本州の亜流にとどまっていて、今のようなガーデンや宿根草の文化はなかったろうと思います。ちなみに、ファーム富田さんに乞われて3日で設計を作り(いや、ひと晩だったかな)、その中で白樺ポプラ並木を提案して、渋る富田さんを説得して実現させたのも笠先生です。

でもアルテピアッツァ美唄での講演は定員10名らしいです…。

晴れているのに今日はちょっと肌寒い日でした。田んぼに水が張る頃に少し気温が下がりますね。あれは地温が下がるせいなのか、それともこの時期には必ず気温が下がる気候なのか、どちらなんでしょう。菜の花畑のレモンイエローが眩しくなってきました。…正直に申し上げると、春はこれ以上進んでほしくない。一生このまま春の半ばがいいです。

ルピナス,Lupinus
今日のスケッチはルピナス。花はまだだけど葉っぱはやる気満々! 根本はけっこう赤茶色。全てのルピナスがそうなのか、花の色と関係あるのか、知りたいところです。

などと思いながらまた明日(たぶん)

樹木の花のつぼみ

日々、緑が濃くなっています。もし「緑メーター」というものがあるとしたら、今日の緑は昨日の110%、明日の緑は今日の110%、みたいな感じです。先日草刈りしたばかりなのに、もう15cmくらい伸びてきて、さらにはタンポポの花までいっせいに咲いています。なんのマジックなんでしょうか。タネも仕掛けもございません…。タネはあるか。

樹木の葉もどんどん増えています。でも種類によって気の早い人やのんびりな人もいるのは面白いですね。同じカエデ科でもイタヤカエデは早め、ヤマモミジはちょっと遅めです。花もイタヤはさっさと咲いていたのに、ヤマモミジはまだつぼみです。

イタヤカエデの花
Acer mono
5月3日のイタヤカエデ。レモンイエローの花が咲いています。
ヤマモミジのつぼみ
Acer palmatum
今日のヤマモミジ。赤い点々がつぼみです。葉はまだ手を広げず、下にたれたまま。

うちのまわりで花を準備している樹木はほかにもありました。ツリバナです。

ツリバナのつぼみ
Euonymus oxyphyllus
ツリバナのつぼみは小さな丸。緑色にちょっと紫がかっています。

こうして日々緑が増えていくのを眺めながら過ごすのはとてもいいですね。でも本業ももうちょっと腰を据えてやらないと(笑)。やるべきことは実は山積みなんです。コロナ休みになってはいけませんね。

ではまた明日(たぶん)

養殖、ではないのですが

ありがたいことに、うちのまわりにはいろいろな野草が生えています。田舎ですからね。今一番多いのはタチツボスミレです。こんなに多いとは知りませんでした。毎年増えていたのに、出張展示で気づかなかったんですね。そしてその出張から帰って、すぐに見られる野草がクルマバツクバネソウです。今年は花の咲き始めから、その姿を堪能しています。

クルマバツクバネソウ。株によって葉の枚数が違います。

なぜかうちのすぐ近くに密集して生えているところがあります。展示出張が終わる5月下旬にはだいぶ花が終わっていたのですが、その後の草刈りで大事に残していたら、今年はさらに株が増えて、なおかつ沢山の花が咲いていました。うれしいです。

養殖のように大事に育てて花を咲かせて、というわけではないのです。そこそこ周辺の草刈りをきっちりやろうとしているだけなのですが、こうして咲いてくれるとうれしいですね。

京成バラ園さんでのネット販売は最初の4日間が終わりました。ありがたいことにたくさんお買い上げいただき、本当に嬉しいです。今1まい1まい、絵の箱に入れるお礼状を書いています。こんな状況下で、絵をお買い上げいただけること自体が本当に嬉しいです。

実際の展示でもいつも思うのですが、「売約済み」になった絵になぜか注目が集まります。僕としては他の絵も結構気に入っていたりします。ご自身の好みを優先していろいろご覧頂けると、とてもうれしいです。

ではまた明日(たぶん)

三密を避ける樹木、ホオノキ

うちのまわりの林にはいろいろな木が生えていますが、毎回目に止まるのはホオノキです。あのゆったり感。のんびりした様子。見るたびにいつも帆船を連想します。同じマグノリアでもキタコブシは一番はじめに花を咲かせるのに対して、ホオノキは一番遅いくらい。葉っぱの展開も今頃からです。しかもそれはなんだか夏祭りや盆踊りの提灯を思い出させます。

ホオノキの芽出し

芽の間隔は三密を避けて余裕ありすぎ。しかも緊急事態宣言が終わりそうなのを見越して展開なんて、気を利かせすぎ(笑)。こういうのを見るのも何年ぶりなんだか…。花も見られそうですね。

多くの地方で緊急事態宣言が解除される中、北海道でも少し制限が解除になるようです。岩見沢バラ園では色彩館など室内施設の使用はまだ禁止ですが、屋外であれば入園できるようです。そういえば最近野草や野生の樹木ばかりスケッチしていたので、園芸種というものが存在するのを忘れていました。もしできれば明日、宿根草のスケッチをしたいと思います。

寒くないといいなあ。

ではまた明日(たぶん)

チゴユリ

野草を求めて今日は山へ行きました。山と言っても標高250mくらいで、登山口から30分ほど歩けば山頂です。なかなか花の多い山なのです。山といえばどこでも同じように自然があって花が咲いているように思いがちですが、意外に花の種類が豊富な山域とそうではないところとがあります。例えば大雪山系だと黒岳周辺はすごく豊富なんですが、旭岳は意外に少ない、といった具合です。今日いった山もそんな感じです。少し南の山域だと種類が限定されるのに、こちらにはいろいろな種類が見られます。

チゴユリです。かわいいので、けっこう好きなんです。花は1つか2つしかつきません。もうちょっとゆっくり描きたかったのですが、姿勢が窮屈だったので、このへんで。
シロバナノエンレイソウ。最盛期は過ぎていましたが、まだちょうどよい花もあったのでスケッチ。この白いエンレイソウのたぐいは種類が細かく分けられていて、ちょっと混乱します。

もちろん草花だけではなく、樹木もたくさん生えているし、その小さな幼木もたくさんあります。でも樹木はなかなか種類がわからなくて、そのバラエティの豊かさに驚くばかりです。それにしても天気がパッとしないせいか土曜日なのにあまり登山者がいなくて、ずいぶん静かな山登りでした。小雨がぱらつく時間もあったくらいなので、空気もしっとりです。そういう中を「うわー、世界には本当にいろんな植物があるなあ」と思いながら登っていると、とても穏やかな気分になりました。

ズダヤクシュ。ずいぶんジジくさい名前ですが(笑)、ガーデニングの世界ではティアレラとして知られているリーフプランツ。それを知ると見え方が変わるのはなぜでしょう(笑)。
ルイヨウショウマ。なんだか不思議なバランスで立っていますね。ちゃんと咲いているのを初めてみました。

おかげさまで、京成バラ園さんのネット販売が好調です。本当にありがとうございます。もしかしたら絵を追加しないといけないかもしれませんね。本当の展示でも、売約済みが多くなると、ギャラリーやホテルで絵を描いて追加していました。今回はまだ手元に描いたものがあるので、もしかしたら可能かも。京成バラ園芸さんとサイトの制作会社さんのご都合を優先して、随時お知らせしていきます。

ではまた明日(たぶん)

今日から京成バラ園さんで販売

何時に掲載されるかわからないですよ〜と昨日は書きましたが、昼頃見たらすでにアップされていました。京成バラ園さんでネット販売が始まりました。ありがたいことです。実際の展示のようにブラブラ歩きながら眺めることはできませんが、ぜひご覧ください。1つの絵につき、額装した状態や絵そのものなど、3〜4枚の画像が表示されます。リンクを以下に張っておきます。

京成バラ園芸 藤川の作品ページ

そしてすでに4作品がお買い上げになっています。ありがとうございます〜!

近くの公園で八重桜が咲きだしました。そしてスーパーの店先には野菜苗が並んでいました。田んぼには水が張っているし、春も半ばになったということですね。

房の中で1輪だけですが、咲きだしました。あまり詳しくはないですが、花梗が分枝しているので、バラで言えばフロリバンダみたいなものでしょうか。エゾヤマザクラみたいに1本の花梗に花は1つ、というわけではないようです。

あとはカッコウが鳴けば、春の完成ですね。

ではまた明日(たぶん)