スタンディングデスク

昨日は「扉がどこかわからない」と悲観的なブログを書きましたが、寝る前にふと思いついたことがあり、気がついたら今朝から扉が開いていました。夕方までに小さめの絵ですが4枚描きました。おいおい、勝手がすぎるだろう。心配した身にもなれよ、という声が聞こえてきそうです。

オーダーされている枚数はまだあるので油断はできませんが、動き出してよかったです。

ところで、先日からスタンディングデスクを使っています。要するに、椅子に座らず、立ったまま使う机です。「座りっぱなしは健康に良くない」という説をよく耳にしますし、何よりもランニングする上でも座りっぱなしは筋肉の衰えや故障につながるらしいので。

スタンディングデスク, standing desk

もうちょっと足を長く描けばよかった。まあいいや。

実はサラリーマン時代からスタンディングデスクには憧れがありました。たぶん座って仕事をするよりも頭のめぐりがよさそうだから。

実際、使ってみるとすんなり仕事に入れます。そして動作がキビキビしますね。仕事とサボりのメリハリもつきます(笑)。机の面積が小さいこともあって画材とパソコンの両方を置けるスペースが最初からないというのもあって、ネットでだらだらと時間を費やすこともないように思います。ただし、まだ稼働して数日ですからこのあとはわかりません。

問題があるとすれば、肩がこりやすいこと。今日は大丈夫でしたが、昨日はちょっと肩こりでした。頭の重さは体重の10%くらいあると言われますが、おそらく座っているときは背中と首の筋肉で頭を支えていたのが、立つことによって首と僧帽筋だけで支えることになったからでしょう。そう考えると、スタンディングデスクはパソコン仕事のほうが向いているかもしれません。

でも明日もまたスタンディングデスクで絵を描くでしょう。

ではまた明日(たぶん)

正しい扉はどこ?

今朝起きたら玄関前にまた30cmくらいの積雪。雪は好きですが、さすがに雪かきはそろそろうんざりしてきました(笑)。今年は本当に多いし、気温も低いです。昨日の朝はマイナス19度。何年かに1回の数字です。

でも日中はさわやかに晴れました。1月も半ばとなると日差しが明るいですね。今日は長めに歩きました。というのも、絵がちょっと行き詰まっているので気分転換です。

まあ、ちょっと歩いたくらいで展望が開けるなら苦労はないので期待はしていませんでしたが、実際、帰っても特に打開の糸口は見えませんでした(笑)。

どうやら、まちがった扉を無理にこじ開けようとしている気がします。では正しい扉はどこにあるのか、それもさっぱりわかりません(笑)。

寝て起きたら別の日だ。また明日(たぶん)

机上の空論

個人の方からのご注文で今までにない新しい絵をつくることはめったにしませんが、法人のご注文の場合、時々新しい絵をつくります(もちろんコミュニケーションが十分あった上でのことですが)。

それで今いろいろと考えて描いています。

こうやってラフ描きでアイデアをつくり、次にいきなり本番という場合もありますが、今は時間があるのでプロトタイプ的に小さな水彩画を描いています。

これが最初の構想通りにいかないんです(笑)。簡単に言うと、やはりラフのアイデアは机上の空論の域を出ないですね。ただ構図としてよいものが自分の絵としてよいものになるとは限らない、というよりもならないということがよくわかった1月上旬でした。逆に言うと、自分の強みをきちんと出さないと、つまらない絵になります。

じゃあどうすればいいのか。

それがわかれば苦労はしません(笑)。ああ、名前が「くろう」じゃなくて「しろう」でよかった(笑)。

ではまた明日(って明日は解決策があるのかすごく不安)

住宅のそばの生け垣や樹木には、スズメがたくさん群れて何やら一斉に喋っていますね。あれは一体何を話しているんでしょうか。情報交換にしてはみんな喋りっぱなしで誰も聞いていないみたいです。いや、それでも喋りたいから喋っているのでしょうか。

冬はみんな羽毛が厚めでむくむくです。

その場で描けなくて思い出しスケッチ

それにしても毎日寒いですね〜。スズメもかなり寒いでしょうね。もちろんスズメだけじゃなく、森の野鳥も「今年はかなわんな〜」と言っていることでしょう。どこでどうやって寒さをしのいでいるんでしょうか。

時々、エナガやシジュウカラ、ゴジュウカラ、コゲラなど種類の違う小鳥たちがグループを作って木から木へと飛んでいるのを見かけます。もしかしたら夜も同じグループで針葉樹のかげなどに集まって寒さをしのいでいるのかなあ。

いやー、人間の方は灯油使う毎日。

ではまた明日(たぶん)

年間スケジュール

まだ1月になって間がないですが、徐々に今年のスケジュールを決めつつあります。大きな展示は早めにご相談や確認をしないといけないので。そんなふうに書くとずいぶん売れっ子みたいですが、単純に本州のバラの時期は限られているので、そこは詰めておきたいなあということです。とはいえ、GWや5月下旬〜6月のバラの時期はまだ何も埋まっていませんので、もしお声がけいただいたら喜んで参ります(笑)。

でもコロナがまた心配ですね。どうなるかは完全に僕のコントロール外のことなので、そのときの状況におまかせするしかないです。

その前にまずこの冬を乗り切らないといけないですね。とにかく今年は寒い! 週間天気予報を見ると、来週半ばに最高気温がプラスになる日が1,2日あるようですが、それ以外は全部真冬日で、最低気温も軒並みマイナス10度以下。去年は1月でも雨が降る暖冬だったのですが、今年はその反動でしょうか。

でも日差しは徐々に明るくなっているので、春に向かっていることは間違いなさそうな気がします。

ではまた明日(たぶん)

きがきになる

タイトルを漢字で書くと、「木が気になる」です。

バラとかビオラとか宿根草とかをよく描きますが、樹木も気になります。いい樹形を見かけるとできればスケッチしたい。

ただ、樹木は本当は細かい枝がいっぱいあるのですが、なかなか現場でそこまで描き込む余裕はないので、省略(笑)。

それにしても今年は寒いですね。気温が低くて路面の凍結も生半可ではないです。昼間の状態と夕方以降は別の道ですね。北海道の方はどうぞお気をつけください。そして道外でもこの週末はたいへん荒れるとのこと。コロナに関係なく、不要不急の外出は避けたほうがいいですね。まあ、本州なら前が見えないほどの吹雪になることはないと思いますが。

ではまた明日(たぶん)

描かないと下手になります

大阪の街なかには靭(うつぼ)公園というところがありまして、特にバラで有名ではないのですが、バラがたくさん植えられています。原種からオールドローズ、ハイブリッドティー、イングリッシュローズ、つるバラなどバラエティも豊富。僕は大阪でバラを見るときには必ず行きます。

そしてどういうわけか正月でも冬剪定をされていないので、まだ少しは咲いている花を見ることができます。この時期なのでいい花はさすがに少ないですが、スケッチしたくなるようなものもあります。

が、やはり11月上旬以降、まったくバラのスケッチをしていないので、うまくいかないですね。なんというか、バラの花をつかみきれないまま、筆を動かしている感があります。

パット・オースチン
オールドブラッシュ

かたい。そして相手のペースで描かされていますね。相手というのはバラのことですが。

そもそも屋外で花を描くのがすごく久しぶりでした。でもいい天気でなかなか楽しかったです。そしていくつもあるベンチには一人ずつ、おじさんが座って日向ぼっこしていました。誰もスマホを見たり、本を読んだりせずに、ただ日を浴びて目をつぶっているだけ。

大阪もいいところですね。

ではまた明日(たぶん)